割引をフル活用する

ホテルを安く利用するには、割引サービスを探してみましょう。宿泊料金を抑える割引のひとつに、旅行の日程が早く決まった場合に利用できる、早割があります。予約サイトやホテルによって変わりますが、宿泊日から14~90日以上前に予約すると安くなるプランがあります。あまり早くに宿を決めると、当日の日程とかみ合わなくなる危険性がありますが、宿泊費用を大幅に節約できる手段です。

プラン早割とは逆に、宿泊日3日前~当日に予約する直前割もあります。ホテル側が少しでも空室を埋めるために、宿泊費用の値下げをします。ホテルによっては、当日限定プランが通常の宿泊料の半額以下になることも。当日の午前中は埋まっていても、午後や夜になるとキャンセルなどで空室が出ることもあるため、お得に泊まるために要チェックです。ただし、夏休みなどの旅行者が多くて混み合うシーズンは、そもそもホテルに空きがなく、当日予約ができない危険性があるため注意が必要となります。

クーポンやキャンペーン、セールなどを使うのも有効です。ホテル予約サイトの会員限定でクーポンが配られたり、キャンペーンやセールを利用したりしてホテルを予約できます。また、利用するほどポイントが貯まるサイトもあるため、ホテル予約サイトを有効活用しましょう。

プランを考えて安く泊まる

ホテルを安く利用するには、どのようなプランで泊まるのかを考えることが大切です。

まず、ホテルへ直接予約を入れるのではなく、ホテル予約サイトを利用して、お得なプランを探しましょう。ホテル予約サイトでは、そのサイト限定の宿泊プランや、利用金額によるランク分けや限定特典などが用意されていて、安く泊まれることが多いです。特定のカテゴリーに特化したサイトや、利用者の口コミを見られるサイトなど、さまざまなものがあるため、比較するといいでしょう。

プラン基本的にはホテル予約サイトのプランの方が安いですが、ホテル公式サイトから予約した方が安い場合もあります。「最安値宣言」「ベストレート保証」で検索すると、多くのホテル公式サイトが出てきます。ホテル予約サイトを見るだけでなく、公式サイトもチェックすると確実に安いプランを見つけられるでしょう。ちなみに、大阪の東急REIホテルでは宿泊プランをご案内するページに「オールレーツ」を採用しております。一覧よりベストレートプランを探してくれるので活用しやすくなっています。こちらも参考にしてみてください。

ベストレートプラン、特別なお部屋を含む付加価値の高い特別プラン、オフィシャル予約サイトでのみご予約可能な限定プランなど、お客様のご希望に最もあった宿泊プランを、一覧よりお探しいただく事ができます。

プランを考えるときには、単純な値段比較だけでなく、コストパフォーマンスにも注目してみましょう。1泊10,000円で朝食なし、1泊11,000円で朝食付きであれば、1,000円プラスするだけでホテルの豪華な朝食がつくプランの方が、お得だと言えます。また、ホテルは泊まるだけと割り切って素泊まりプランを選び、晩ごはんや朝ごはんを旅行先の名店で食べる予定にするなど、自分にとって何が一番得なプランになるのかを吟味するとよいでしょう。

ホテル代を抑えて旅行を楽しむ

「旅行に行きたいけれど、お金がかかることを考えると難しい……」という方は多いのではないでしょうか。できるだけ費用を抑えたいけれど、どのように予定を立てるか迷う方もいらっしゃるでしょう。

旅行の費用を抑えるには、人の少ない閑散期をねらう、公共交通機関などの安い移動手段を利用する、地元の人が通うようなリーズナブルな店で食事をするなどの方法があります。また、格安航空や格安ツアーなどを利用したり、お土産をスーパーで買ったりするなど、グレードや不要な部分をできるだけ削るというのも有効な方法です。

ホテル旅行や出張をするときに費用を大きく占めるのは宿泊費であり、この部分を節約したいと考える方も多いでしょう。今日では日本を訪れる外国人の方も増加して、特に都市部や観光地ではホテルの部屋が取りづらくなっています。それに伴い、ホテルの宿泊費用も高くなっているのが現状です。宿泊費を抑えるために夜行バスの中で寝る、カプセルホテルを利用するなどの方法がありますが、やはりホテルに泊まってゆっくりと体を休めたいものです。しかし、普通にホテルを予約すると、費用がとても高くなって観光にお金が回せなくなってしまいます。カプセルホテルなどではない、普通のビジネスホテルや高級なホテルでも、安く泊まれる方法があります。できるだけホテルの宿泊費を抑えて安く利用するには、いくつかのコツを抑えるのが重要です

このサイトでは、ホテルを安く利用するための方法をご紹介します。旅行の際にぜ
ひ参考にしてください。